アニマルメディスン)生命の躍動を生かす方法を教えてくれます。

アニマルメディスンカード講座の振り返り

アニマルメディスンカウンセリング講座ではカードの意味はもちろん、そのカードの意味をどう解読し自分自身(のことでカードを出している場合)を理解するのかを学んでいただければと思っています。

未来がどうなるのか?ということはタロットカードなどの方が向いていると思います。しかし、占いというとどうしても善悪というか、良い運命、悪い運命というようなニュアンスがあるんですよね。

しかし、生きるということは善きことも悪いこともあって、その中で自分がどのように対応したか?何を選択しなのか?何を体験し、どのように過ごしたのか?によって人生が形成されていきます。

動物が描かれたアニマルメディスンカードに描かれたのは、生臭い動物の生態から浮き上がる自分自身のこと。

私たちは動物的な要素を動物に投影していますよね。シュタイナーは吐き出したとも言いますが、その自分と分離した一部は私たちを支配し、コントロールしているのかもしれません。

動物たちは本能としてその生態から何らかの行動を起こします。

私たちは植物のように環境の中で生きる存在ですが、動物のように移動することもできます。

私たちがどうしようもなくその出来事、境遇の中で生き延びようとした行為を動物たちは励ましてくれます。そこには判断はありません。

生きること、ここでふてぶてしく生き延び、自分のニーズを満たすことを教えてくれます。

タロットなどのカードなどをされていて、どうしても理想化した読み方をする癖があるという方も「アニマルメディスンカード」はおすすめです。

先日、メディスンアニマル講座を受講して下さっている方も、一度スピリチュアル系の勉強したがなんだか関わっていた団体に馴染めず離れたそうなんですが(宗教でないよ)
色々と勉強しても机上の空論というように感じることはあふれています。
生きる面において「あなたをずっと生きることに取り組ませてくれ、励ましてくれる」
アニマルメディスンは深いですね。こんなことに触れていたかったんですと仰られてました。

関連記事

  1. 幸せになるには覚悟が必要ーチャンスを育てる

  2. 第42週 魂のこよみ

  3. 永遠の自己と共にあるとはどういうことなのか?

  4. 物語を書き換えるー天使とティーバの王国ーアポフィライト

  5. アニマルメディスンカード講座のご感想をいただきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA