救いに至るあなたの進歩を遅らせない。

コースインミラクルを読んで

コースインミラクルズというスピリチュアルな世界では名著と言われる本があります。

ある女性が、「キリストからのメッセージをチャネリングした本」としても有名です。多分。

チャネリングに興味がある方で熱心に読まれている方も多いと思われます。

去年から熱心に数ヶ月読んでいたのですが、パタリとやみ、そしてまた本を開け始めました。

あまり真面目に読んではいないのですが、その時々にぴったりと

ハマる時があり面白く読んでいます。初めはつまらないというか,あまりに道徳的,観念的に感じてしまいました。なので、放り投げておりましたが「ふむふむ、そうそう」と思うような言葉もありますし、セッションの中でお伝えしたなという言葉、ニュアンスもあり、クライアント様との会話に出てくるような言葉もあります。一般的にも人生の中で役立つ言葉に溢れているとも言えます。

読書としては「第二巻 学習者のためのワークブック」を読んでいます。第1巻から読みなさいというお叱りを受けそうですが、いいんです。私のマインドがそう言っている。まずこれだけでも邪道かもしれませんがコンパクトにまとめられています。

基本トーンはあなたが本当に属する場所、マインドが存在する世界はここではないのですから、この世界のやり口に(あえてこの言葉を使います)はまり過ぎると、まともでいれませんよ。それに気づいてねと言っている訳ですね。まさにそうだと思います。なので私は私の読み方をするのです。

郷にいれば郷に従えという言葉がありますが、従わずにいなさいということですね。どのスタンスが良いのかというとあなたのマインドが存在する場所を感じながら生きなさいということ。それがあなたなのですから。

この世界から価値を植え付けられ、その価値に向かって人は走ります。それは時には良いのです。それに自分の大いなる目的と適合するときもあるでしょうし。しかし、自分にとっての無価値なものにも一所懸命取り組んでいないのか?ということなのだと思います。他の人と一緒じゃなくてもちょうどいいのです。

それは自分自身のマインドが存在する場所をこの世界に作ることでもあります。

世界が何かを与えてくれるのではなく、世界の中に自分の場所を作り、神聖な目的を生きる場所にしないといけないのですね。この地球を素敵な場所にするために何ができるのでしょうか。それはきっとそれぞれの人にとって違うかもしれません。しかし、核のようなものは同じかと思います。

個人的には、この地球がそれぞれの人にとって心地よく、穏やかに安心できる場所であり、人類にとっても多様性が当たり前の世界で、それぞれの方の生き方、進歩を促進する場所であったらいいなと思います。そのために私はできること何かをし続けるのだと思っています。

植物や動物、鉱物、自然界の存在は多様性が当たり前なのにね。

人類の種は一つ。その種の中に多様性がたくさん、たくさん。たくさんが認められてないのですよね。

コースインミラクルズの話からこんな話になりましたが、

ご興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

「正気と自由と愛を回復させてあげてください」という言葉がよく出てくるのですが、正気という言葉にいつも笑ってしまいます。確かに「顎が落ちるような」ことが多くあり、正気とはなんだぐらいの様相でもあります。

キリスト、グッジョブ!!

自然界の存在はそれぞれのバランスを保ち、知らぬ間に存在自体で互いを支え合っている。人類がこの世界を冷静に見ることで、まとめていく知性を使う時が来ていると思います。

Follow me!

サイキック(エソテリック)ヒーリング

日々の中で知らぬ間に淀むライトボディは濁り、重くなっていきます。ヒーリングによって浄化することで、正しい思考と感情を維持しましょう。知らぬ間に人間関係や状況などが改善するとご感想をいただきます。

コメントを残す