牡牛座1度「清らかな山の小川」ふさわしさ

やるなら今よ」

ふさわしさというと少しがっかりの方に捉えられるかもしれません。人はらしさやふさわしいより、それを超えていきたいから。

自分の本質的な要素がもたらしてくれる無理のない方、なじませていく。

その本質的なものを知らずに、外のことばかりに気を取られてしまいますよ。

しかし、この牡牛座に天体、太陽がはいるしばらくの流れからあなたらしさの片鱗が見えてくる。

世の中、集団は個人のニーズには応えない。集団、社会のある組織が拡げたいものをあなたに手に入れて欲しい。

特に資本主義は、そのようにして動いています。日本という世間は、さらに自己犠牲を求める周到なシステムが深くに浸透しています。

罪悪感や自責を抱えることが良い人、振り返るちからがあるという。

自分らしさを知りたければ、家族や身近な人たちとの繋がりを大事にしてみる。そうすると私に環境、境遇からあたえられた私がみえる。

家族や身近な人に理解者がいない場合にどうするの?ですが、周囲の意向に合わせず、おされそうになったら押し返し続ける。

ずっとなおざりにしてきたことがあれば、しっかりと向き合ってみるかの日。

諦めていたことがあれば取り組んでみましょう。

牡牛座の始まりは、周りを構っている余裕なし。

しかし、ふさわしい幸運がみちあふれてる。

太陽と天王星が牡牛座にて重なります。

身ぐるみ剥がされて、長年脱ぎたくてしようがなかったことがあれば

この一週間は良き時でした。そしてもうしばらく続きますよ。

本日は2019年復活祭です。

魂のこよみ

Follow me!

コメントを残す