チャネリング講座の開催をさせていただきました。

green aurora with starry sky

アストロシャーマン・コダマ凛です。

先日、マンツーマンでのチャネリング講座を受講いただきました。

色々な講座をプライヴェートレッスンで来ていただく方なのですが、

とても満足いただけた講座になったと思います。

サイキック的な技能を掴んでいただくような講座も受けていただいているのですが、

今回のチャネリングがとてもその方にあわれたように思いました。

恐らく世界で一番簡単な自分自身を癒し、自分自身と繋がり、安心と共にいると感じていただける内容なのです。

ヒーリング的な手法と、リーディング的な手法を合わせていくんです。

リーディング的な手法を高めるためには継続的な内容でお伝えもできますが、

基礎的な2回だけで終わらせていただきました。

今後は練習または継続なども考えられて帰られました。

ご本人もいつもよりも笑顔、晴れ晴れとして帰られました。

そして「面白い」ですね。と。自分の外を感じてみれば、こんなにも豊かな世界があるということ。内面は外なのですよね。

二日目の最後に祝福と生命力が高まり、恩寵の時間が訪れました。

互いにシェアできたこともお伝えさせていただいた者として

とても幸せな気持ちになりました。

私などは最後に第3の目に天使から口づけをいただきました。

サイキックな視点を活性化するような手法、技法はたくさんあります。

特にチャネリングなどもたくさんありますよね。

当サロン、コダマ凛としては天使やマスターなどのチャネリングなどになろうとするのはハードルは高いと思います。

私自身もあまり天使というものとはあまり馴染みがないです。ミカエルは不動明王。そしてカマキリとして現れたりもします。

もちろん天使的な方はいらっしゃるんで、天使の働きが強い方だといきなり天使からの視点、そしてメッセージをお伝えすることがあります。天使に特化していないんです。

守護霊、オーバーソウルの存在からのチャネリングは得意となり、過去や未来も行き来しています。そのかたが伝えて欲しい、オーバーソウルが俄然前に出てきて、あなたに伝えて欲しいと言っていますので、伝えますよというとご本人も気づいていないこと、ご本人しか腑に落ちないことなどを私が話し出す。

するとその方は「何も言わずに帰られる」「私はなんのことは実はわからない」なんてこともあります。

もちろんサイキック的な視点からシースルーな状態でもあるようです。しかし、ある意味それが現実かどうか私にはわかりません。しかし、この伝えているときに「確実さ」「これは本当だ」という感触があるものをお伝えします。

未来の現実をお伝えする時に、私の中にその確実さ、確かさを確認するスイッチ、センサーがあり、その感触を大事にしています。

私のサトルボディの変化、クライアント様のサトルボディへのアプローチを行い、それが確かか確認しています。

この感触、センサーをまずご自分で形成することはとても大事ですよね。

普通に生きている場面でもこの感触があると生きやすくなります。

腹が据わるということのようにも思います。

サイキックな視点、第3チャクラはどんなことにも開いている愛の視点だと言われます。

セッションにおいて、誰か、自分自身のチャンネルを磨くなら

特にチャネリング、天使などの媒介にならずとも、目の前の方のよりチャネリングをすることは

それほど難しくはないのですよね。

それは誰かのチャネリングをするということでなくても、ご自分のサトルボディとの繋がりを高めることで合一、ひとつであることを感じていただけるようになると思います。

個人的には練習を繰り返していたら、より拡大されて自分自身の空間に出会い、そこに存在している様々な存在と出会うことでどれだけ助けられたかしれません。

そのような経験からお伝えできることをまたお伝えしていこうと思います。

この何年かでより実践的な経験は積めたかと思います。

自分のセンサーを形成することで自分自身と繋がり、世界、この肉体の外に広がるエネルギーの世界と一つになり、自分自身の歩んでいく道を信頼する力を得ていく。

磨き続ける必要がありますが、その道はとても豊穣で平安な世界です。

チャネリング講座からサイキックな視点、自分自身のオーラ、チャクラがエネルギーの世界と繋がり、呼吸するように世界と呼応しています。肉体を超えた次元、自分自身が肉体を超えた存在であることを忘れないように。肉体次元、霊的次元とをつなげ、この世界を生きてきましょう。

Follow me!

session

アストロシャーマン・コダマ凛個人セッション
アストロシャーマン・コダマ凛のサイキックアカシックヒーリング&占いカウンセリングセッション。この生があなたの魂の糧となりますように。

コメントを残す