カイロンの牡羊座移動について

カイロンが牡羊座に移動しました。

2011年に魚座に移動しましたので、日本では東北の震災からの福島の原発なども

含めて日本という土地の危うさを感じるような時期に突入して来た時期とつながりますね。魚座ですので犠牲的な意識を背負ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

うお座はサインの最後のサインであり、ある意味いろいろな意味づけがごった煮ともいえる空間、精神です。そうすると様々な思惑、感情が渦巻くように感じる。飲み込まれるように感じてしまったということもあるかもしれませんね。

自然災害などは地球の痛み、より差別やグローバルリズムが広がったということもこの時期とも言えます。この人類の痛みを受け取るというのも人として生まれてきた痛みなのかもしれません。

そして牡羊座にカイロン(キロン)は移動しました。

一般的な占星術では、鑑定のなかで取り扱われない方も

いらっしゃいますが、心理学的な要素としても大事だと思います。

カイロンは52年ほどでカイロンリターンが起こります。

そういえば、マヤ占いや東洋系の占いでも52年は大事にしているサイクルではないかと思います。

カイロンはその方の存在の傷を表していると言われる感受点です。

もっと社会の関わりだけにこだわらずにより、個人性を大事にしよう、それはだって

今目の前の世の中の役割(土星)でなく、よりトランスパーソナルなことに繋がるのであろうと感じれる年齢でもあると思いますね。

もうそろそろそんな年になってきましたので、よりその準備。

そして肝心なことだけしていたい、なんてことでしょうか。

私自身も牡羊座に金星とカイロンが重なり、第一ハウスということもあります。50代、アラフィフです。

第一ハウスは、自分自身の存在自体が傷となるというようないたたまれない感じをもって成長してきました。牡羊座ですし、個としての自覚、どこかに所属するよりもフリーな状態を受け入れることで存在の意義を自分で発見していくことが重要なのです。振り返ると所属していても外部、排除されやすい立場になりやすいところがありました。しかし、自分が牡羊座のカイロンと金星を生きることが大事という視点でみれば独立し、自己であり続けるということが私が私の傷をいやす方向になるのだとつくづく思います。そして、私を遠ざけた人たちは私のある一つの影なのかとも思います。

そのネイタルのホロスコープを過剰に強めるような配置を自分自身が始まることを大事にすることが癒やしとなり、自分自身の存在の傷を超えて行く力となるということをカイロンは表しています。

 そして一ヶ月後には天王星が牡牛座にしばらく移動します。本格的に移動は2019年です。

Follow me!

session

アストロシャーマン・コダマ凛個人セッション
アストロシャーマン・コダマ凛のサイキックアカシックヒーリング&占いカウンセリングセッション。この生があなたの魂の糧となりますように。

コメントを残す