ロシアンレムリア・ジェーンアン・ダウのリーディング

レムリアン水晶
著名なアメリカのクリスタルヒーラーであるジェーンアン・ダウ(2008年9月25日死去)のロシアンレムリアンリーディングの情報です。

下記の文章は米国のクリスタルヒーラーの第一人者ジェーンアン・ダウがロシアン・レムリアンをリーディングした内容を翻訳したものです。

セイクリッド・スクライブス/ロシアンレムリアからの情報です。

 

ジェーンアン・ドゥ

数年前、私はロシアからのものだという2つの美しい、やや変わったゴールドのスモーキー・クリスタルを手に入れました。

それは側に置くだけで、私の奥深くにひそむ何らかの情報を刺激しました。

小さい方のクリスタルはすぐに語りはじめ、聖なる情報を持っていると告げました。

我々の惑星の意識の源からのメッセージであり、その情報は時期が来たら公開されるとのことでした。

これらのクリスタルがつい最近まで、クリスタル地震の要求によって格子状にまたはある種のパターンにそって置かれていたことは疑いようがありません。

そして突然再び活気を得たのです。

その後さらに2つが私のスタジオにやってきました。

そのうちの一つは完全にクリアで、ミステリアスなブルーの光に満ちていました。

4つはそれぞれ独自のパターンを作り出しており、今や情報を公開する準備ができたと告げるかのように光を放っていたのです

そしてそれらのクリスタルはセイクリッド・スクライブス(聖なる書紀)と呼ばれるようになったのです。

これらのクリスタルを注意深く見ると、それぞれの側面とファセットにはっきりとレコードキーパーが全く異なるのです。
そのエネルギーは何らかのコード(暗号)で、それぞれがある種の重要データを持ち、
すべてがそろってクリスタル全体を完全なものとしているように思えます。

私はこれらの石を私一人でリーディングしようとするより、少人数のグループでワークしたほうがより情報が得られることに気づきました。

最初からこれらのクリスタルはとても神秘的でした。

さらに、これらは地球が最初に誕生したときからそのすぐ後に作られ始めたことは確実です。

この石達のメッセージはシンプルでした:すべては書かれている?わたしたち地球の文明の始まりからの計画がこの崇高なクオーツ・クリスタルに刻まれているのです。わたしたちはこのクオーツがレムリアン・クオーツと呼ばれていることを知りました。

とても不思議に感じたのですが、レムリアは南アメリカ沿岸からハワイにまたがっており、ロシアからはかなり離れているのです。さらにわたしたちはエジプトのスフィンクスとの強い繋がりも感じましたが、これもまた理解できないものでした。

ですがすぐにクオーツは衝撃的な事実を語り始めました。人類創生の頃、この惑星に3つのアメンテ・ホールが置かれたのです。3つのホールは生・死と魂の旅(ジャーニー)についての膨大な情報を持っています。


それぞれは特定の時期に情報を提供するように、異なった作られ方をしています。それぞれは時代が進化し、文明が次の大きな変革をどう舵取りするかの重大な鍵となっています。エジプトの歴史では、あメンテ。ホールは肉体的な死において魂が永遠に向かう時に通り抜ける通路のような場所と考えられていました。
しかし、私のサイキックな体験から言うとかつても今ももっと重要な意味を持っているのです。夫々のホールは内部を示唆する神秘的な手がかりに囲まれています。レムリアでは、かつてはシンボルが描かれたり刻まれたりした数々の石や岩が置かれていました。エジプトではスフィンクスによって守られています。これは現在休息に劣化していますが、じきにその秘密はあきらかになるでしょう。

 

ロシアのホールは、ウラル山脈にあり、一つ一つが情報を持つ、これらの見事なクオーツに囲まれています。それがレムリアとの繋がりだったのです!実際それぞれのホールはエネルギー的に繋がっているのです。だが、なぜこれらのクリスタルは今姿をあらわしたのでしょう。この意思とワークする幸運に恵まれたわたしたちはどうこれを使うべきなのでしょう。まずわたしたちが今経験していることがすでに記録されていた、としっていることは大きな安心の材料となります。古代クリスタルの頭蓋とワークすることで、石は我々の歴史と未来についての情報を持っていることを教えてくれます。
それがただ記録されているだけでなく、さらには神聖なる地球の計画にわたしたちが同調出来るということが、わたしたちの不安をわずかでも和らげてくれるし、それを信頼することを教えてくれます。

現代では信じることは重要な要素です。なぜなら信頼の欠如がよりよい世界への希望や精神を阻害し、大きな恐れを創り出しているからです。もしすでに記録されているのなら、なぜ人々は不安に思い悩むのだろうと思うかもしれません。記録されているのはわたしたちの意識の進化のアウトラインなのだと私は思います。つまりわたしたちが何をするかではなく、どうやるかと行ったことです。わたしたちはそれぞれ与えられた要素の範囲で生きています。しかしわたしたちは目の前にある混乱(カオス)に対して常に準備ができている訳ではありません。すべてのクオーツは我々の環境を増強する固有のバイブレーションを持っていますが、セイクリッド・スクライブスはヒーリングクリスタルではありません。これは「繊細なもの」へチューンインしたり、石の持つ多種にわたる情報を得るためのコミュニケーションツールです。

この石はクリスタル・グリッドで儀式に使われることを望んでいます。そこで並べられるのは、セイクリッド・スクライブスだけでも、ほかの石やクリスタルとの混合でも構いません。

このクリスタルはまだ我々の意識が発見してないない新しい信頼への扉であり、レコードキーパーやコードに隠されている情報への通路であり、次のステップ、新しい構成概念、この惑星の新しい夢に対して何が必要か理解するための法則を教えてくれるのです。この石が歩んでいる旅(ジャーニー)を称え、今の時代に重要な情報を携え世界を広げるために。このクリスタルが採掘された、ブルーエンジェルと呼ばれるウラル山脈で神秘的なブルーのオーラが発散されているのが見え、やさしいガーディアンの存在を感じました。
まるでこの採掘場がその存在に守られているかのようです。
そしてその存在はこのクリスタルが遠い昔、生を得たときかずっと敬われていたように、今このクリスタルは私たちのような熱心にこの惑星をヒーリングし、永遠に続く平和をもたらそうとする人々を守る光を備えています。
もしあなたがこのクリスタルと一人でワークする場合、変化やシフトにおいて私たちの光のパターンを保つこと、私たちの意志をクリアなものに保ち続け、そこにフォーカスすること、さらに来るべき変化をスムーズに乗り越えることに集中するといいでしょう。

自分自身を信頼し、創造主を信頼し、神の計画を信頼することを学びましょう。恐れや疑いを互いの愛に置き換えましょう。この世界はついに再び進化する時に来たのですから。

 

関連記事

  1. チャクラ

    1チャクラ)自分で立ち上がり、安全、安定した環境を得る。

  2. やめられないのは過去生からの思い残しが働いています。

  3. クリスタルグリッド:私はいつも新しい。

  4. タロットから読み解けるもの

  5. チャクラ

    7チャクラ)人生のシナリオ受信センター

  6. チャクラ

    チャクラ・ヒーリング)安心感は命の流れのリアリティを変革しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 12月22日は土星と火星が重なります。

    2020.11.28

    12月の星の観測-木星と土星が水瓶座で重なります。

  2. 2020.11.15

    2020年蠍座新月、全体との統一を表現し、有限の自己を超…

  3. 2020.10.31

    牡牛座満月:人生のリーダーシップを見つける

  4. 2020.10.12

    高次の存在-内なる高次の存在、魂の呼び声

  5. 2020.10.07

    ハーモニクス占星術ー社会的具現化と創造欲求の調波からわか…

  1. タロット講座

    2020.11.26

    世界の驚異と深淵さはご自分の精神世界の深淵さでありますー…

  2. 占星術講座

    2020.11.26

    未来予知するためには過去を振り返る行為が必要。-占星術講…

  3. 2020.11.07

    好きの呪いー好きが呪いにならないように

  4. 2020.10.13

    ホロスコープ解読)99代首相菅義偉さん

  5. 2020.10.13

    呼吸によって生命力、大いなる宇宙の意図と繋がりましょう