やめられないのは過去生からの思い残しが働いています。

占いカウンセリング&ヒーリングスクール

何故?それがやめられないのかというご相談で来られる方も多くいらっしゃいます。

頭でわかっていても心がついていかない

セッションのなかでは、まずやめれないことに罪悪感を外すこともさせていただきますが、それを続けることになにかバランスさせることがあるんですよね。あるご相談では、過去生からのなんらかの思いがあり、その想いがなかなか外せないまま継続されていらっしゃる方があられました。ヒーリングにより多次元に繋がる、存在するライトボディへのアプローチをさせていただきました。

いつまでもやめれなかったことを縛っていた思い残しの気持ちが和らいだと仰ってその後には現実に取り組む姿勢が変わられたというお言葉をいただきました。

私たちはいまを生きているのですが、ライトボディにはここではない次元に存在し、ある時にそれを願ったあなたが存在しています。または思いがまだ続けようとするが肉体次元のあなたの人生の課題としてはすでに終わっている。

思いは存在しているというチグハグな状態であるのです。そしてもう手放していいのに、まだ気持ちとしてシコリを残しているのでやめられない。

終わっていることにその思いやエネルギーは気づいていないという状態になるんですね。それに常識的な価値感ややさしさから手放せないということもあれれます。それは愛という側面もありますし、愛ということへの執着だったりもします。

その古くなったものにずっと悩まされているようになり、生命力が緩んでしまいます。

その段階ではすでにその課題には取り組み次の段階へと進まないと過去に閉じ込められいる。いままでのことは終わっている時です。しかし、次に進めない。

そんな時に意識の切り替えだけでは難しいのですよ。頭でわかっていても心がついて行けない。

それは恐らく頭(精神)が弱いということになるんですね。精神というのは案外と強く決断をするような性質を持っているとすれば、どこかでその決断をすることをネガティブに感じていらっしゃるご自分もいらっしゃるのかもしれません。

わかっているという判断は先延ばしになっているだけかもしれません。

ご自分というのは、今の肉体をもつ霊的な存在でもありますが、そこには様々な自己を宿す存在であることを忘れないでくださいませ。

ご自分のライトボディを軽やかに宇宙エネルギーと繋がるライトボディに保つこと。そんな時間を得にお越しくださいね。

頭でわかっているけれど心がついていかないというのは精神性を発揮することに躊躇があったり、何らかの過去の体験に留まるエネルギーがあられる場合が多いです。ライトボディには階層があり、それぞれのエネルギー体が連動せず働いているのかもしれません。

幼い頃の体験に凍り付くようなライトボディがあられる方もいらっしゃいます。ライトボディへのヒーリングが効果的です。

お勧めのセッションは下記となります。

サイキックリーディング

エソテリックヒーリング

アカシックライフヒーリング

Follow me!

session

アストロシャーマン・コダマ凛個人セッション
アストロシャーマン・コダマ凛のサイキックアカシックヒーリング&占いカウンセリングセッション。この生があなたの魂の糧となりますように。

コメントを残す