初詣は石清水八幡宮さんへ

コダマ凛です。

初詣は森ノ宮に移ってきてからずっと石清水八幡宮さんに参拝させていただいています。

こちらは京都の裏鬼門とも言われます。

京都に都があった時代は、呪いの時代とも言えるので、

そこかしこり守りの鉄壁があるともいえます。

今流行りの呪術廻戦っていう漫画、アニメも呪いを封じ込めるために生かされている主人公が出てきていますが、どろろの別バージョンとも言えるように思いました。脱線。

以前は住吉大社さんに毎年ご参拝させていただいていたのですが、最近はあちらの方角に行く機会が減っています。いくと良い気をいただけるのですが。

石清水八幡宮さんのご祭神を調べたところ、

応神天皇、神功皇后が奉られています。神功皇后は住吉大社でもご祭神でもあるので、何かご縁を感じます。

そして宗像三女神のお名前も書かれていて、宗像大社にはまた行きとうございますな。

そして比売大神の名もあります。この比売大神は卑弥呼だという説もあるようです。

宇佐八幡宮さんのサイトでは、八幡様が現れる以前の古い神、地主神として祀られていた」とあります。

卑弥呼が弥生系の大陸からやってきた人たちよりも先行する民族の一族だとするとありうることですね。そうなると畿内説は飛んでいってしまいますが。

石清水八幡宮さんで満足してしまうということはありうるのと

以前によく参拝していた神々とは八幡様は系統が違うなとも感じた今回の調査でございます。

いつもご参拝すると社の写真とか撮影すべきなのですが、

今回も山、森の写真のみしか撮影してないことにハタと後で気づきます。

参道脇

以前、グリーンマン、ディオニュソス的な植物霊をみかけました。

男山の名前からしてもかっこいい聖地です。

Follow me!

session

アストロシャーマン・コダマ凛個人セッション
アストロシャーマン・コダマ凛のサイキックアカシックヒーリング&占いカウンセリングセッション。この生があなたの魂の糧となりますように。

コメントを残す