限りあることー死を思い、生を生きることは命があること。

三月も平常運転のようにお仕事をしており、さまざまなご質問や現状についてのご相談があられました。

コロナウィルスのけんもあり、お電話・遠隔ヒーリングのご依頼をいただきました。

恋愛やお仕事さまざまにその方の人生が輝いていらっしゃいます。新しい気づきを得たと言ってこれからの期待や新たな実りを培う時でいらっしゃったり。

当たり前のことなのですが、もちろん世界的なコロナの天災もあられますが、ご自分なりのいままでの流れで取り組まれていることに種が育ち、新しい人生のフェイズ(局面)に向かわれています。いま、どのような時でも自分自身の大事なことは大事にされていてくださいね。

なにもせずに結果だけがついてくる訳ではないんですよね。

一年、石の上にも3年。3年後なんてまた状況も変わっていて、夢を育てていくにはよいサイクルです。

歴史的にみても人類が皆でこのような厄災に合うのはなかったことなのですから。

いま、実ることは過去に種を育てたのです。

もちろん未曾有のウィルスの厄災においては延期や中止を求められることもありうるでしょう。見直しすることも。

どんな時でも変わらないことがあるはずです。

生き抜くことが大事です。3ハウスが強めの私なのでこのサバイバル感はとても日常なのです。

しかし、このような厄災は初ですし、死を思い、生を生きるという根本的には無意識下で生きています。人はそれを避けるし、

それを考えないで済むことを人は健康であり、幸せであると思っています。

メメント・モリー死を思え

この宇宙と地球が織りなすエネルギーの中で大きな学びの中にいるのです。

人は地球にへばりついた生物の一種なんだな。

それでもへばりついた小さな存在の中にある小さな火を灯し続けることを恐れないでください。結果ではなく希望があることが大事なのですから。一つの希望は全体の希望を自然と考えているものです。

うまくやろうとせずに、普遍的な自己との対話が必要な時が与えられたということでしょう。

こんなにゆっくりしてもよいと言われたことはありますか?

わたし自身はずっとバタバタ人生で、数年の中でやっとわかってきたところです。

そして、今を受け入れて待つことの重要さを何度も思い知らされるばかり。これは私だけの課題ではないのでしょう。

いま、立場や職業が違えば、そんな悠長なことは言えないのでしょうが、篭るしか出来ないならばしましょうか。

社会は脆弱だけれど個人は強い。個人から派生するネットワークは強いのですね。

力を溜め込んでいきましょう。

サロンはぼちぼち開いております。必要な方はお気軽にご連絡くださいませ。

先の予定のご予約もお待ちしております。

お電話やライン中心とする可能性もありますが、今このときの可能性をたくさん拡げて希望を得るようにされてくださいね。

死を思い、生を生きることがリアルな日々をスピリチュアルな学びの時とも言えます。

みなさんにとって、大事なものと共にいて、一つであられることを願っています。

関連記事

  1. 空也とクワオアと天秤座26度~30度知性

  2. 人間は疎外され、不幸な意識を終わらせることはできる。

  3. 不確かで、とりとめのない存在でもよい。

  4. 水瓶座の時代に訪れる平和

  5. 5月1日上弦の月ー暮らしを楽しみ、誰かを助ける

  6. 6月18日からの水星逆行。地球で生きる。心身魂のネットワーク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA