自分の足で歩いて始めてみること

あなたはまだ生まれていないのかもしれません。

先日、出産の言語というブログをアップしました。

出産の言語と生む、生んでもらう関係性ー

人に再生してもらうことや人との関係性に期待を過剰に持ってしまうと関係性が壊れた時、人は苦しんでしまいますし、その方があなたよりもっと愛情不足で人を傷つけることで自分の存在価値を確認するような人だとしたらどうしますか?

あの人が私との関係で傷つくということは、自分自身はとても価値があるということだという確認をする。

そんな壊し屋さんと一緒にいたら、愛は育たないし、心も壊れてしまいます。

どのように努力しても恐らく満たされることなく、確認だらけでなにかあったらその確認でもういつまで経っても気苦労ばかりですね。

それを依存というのですし、いつまでも自己決定させてくれないのはとても悲しい。

生まれた時、始まりのときは大事なのです。だからこそ婚約指輪や結婚指輪というモニュメントがあるように思うのです。

結婚式という儀式もそのような働きがあるのでしょう。しかし私達は、その先を歩んでいくし、その先の冒険に乗り出して、乗り越えていくという喜びがあるのだと思います。

 

占星術でいう金星というのは愛されるという価値です。

愛するというよりも愛されないと悲しいのです。

月は感情であり、身体です。安全でいたいのです。

しかしその自動運動ぶりは気をつけないといけないのです。少しぐらい無茶振りすることをしないと

月はずっと同じところにいようとするようです。

スピリチュアルな世界では、「好きなことをしなさい」という言葉が多く頻出するようですが、

その好きなことは「自分のために自分の時間を味わいなさい」ということなのだと思います。

なので、別になにか特別なことをしなくても、ボケっとしてスピリットとの時間を味わうことも良いのだと思います。

どこか好きなことをすることにも、生産的なこと、なにか後で役に立ったり、才能に繋がるようなニュアンスがあるので全く始まって行かないように思うんですよね。

なにかすることに、経済的な意味や自己存在をかけたことをされなくてもいいのだと思います。

生まれることは、いつか死ぬということでもあります。

その始まりがいつか終わること。

だからこそ、今この時間、心がワクワクすることだけに費やすということの喜びがあるのだろうと思います。様々な役割がある方、ある年齢を超えて来られた方は一様に「自分の時間がほしい」とおっしゃいます。

好きなように過ごしたいんですよね。

人生をどのように過ごすかということが本当に人生において大事。

それだけです。経験という英語の言葉は、ただ通り過ぎるという意味なのだそう。

ただ命が終わるまで、どのように過ごすのか?どのようなことを考えて、どのように行動し、どのように過ごしたのか?

誰かとの関係が希薄でもいいのではないでしょうか。

自分のためになにができるのかは、いつか誰かのためになると思いますよ。

コロナウィルスにおいて、引きこもるという時間は案外と豊かな時間なのかもしれません。

各国が国民の生活を守ることを様々に行っているのに、日本国はマスク二枚の配布だそうです。いつ来るのでしょうか。

そんなものは待っておれません。

心を変えて行動を変えないとまじ変わりません。

恐れずに行動してみましょう。行動すると景色も変わるし、考えも変わらざるを得ない。

または自分の生き方や考えの正しさを確認もできますよ。それはとても素敵なことですね。

新しい価値を生み出さないといけない。

そしてあるき続けることが大事だとおもうこの頃です。

 

 

関連記事

  1. お金では買えない世界の存在

  2. 人はいつでも変われる。やめられないのは地球でよく生きたいから…

  3. 4月23日新月 ー自分の理想、人類の理想を生きる、夢を体現し…

  4. 6月18日からの水星逆行。地球で生きる。心身魂のネットワーク…

  5. 射手座新月 自分自身、世界の未来を考え続けることを諦めない。…

  6. 学びに耽溺しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA