行為は動機を確信にしてくれます。

蠍座の新月ブログを読んだ友人からメッセージをもらいました。行動は動機を確かにする。行動することによって自分が何をしたかったのかという根本のことに気づきます。自分自身の意図に気づけばある意味何をしてもいいのかもしれません。

先日の新月のブログを読んでくれた友達が感激して泣いたと言ってくれました。

メッセージ、新月で起こる心の体験、世の中の人々が味わう思いだと思います。

2020年蠍座新月、全体との統一を表現し、有限の自己を超越する私の能力

このブログに付け足すとしたら

行為は動機を確信させてくれること。

行うこと、やらないとずっとそれに捕まって居つかれてしまうんですよね。

行動すること、行為しないとそのエネルギーは不安となります。

自己否定にもつながります。これは罪悪感にも繋がって魂や霊、そしてDNA的な意味でも危険です。

自分がそのやりたいこと、未完成のエネルギーに支配されてコントロールされてしまいます。

向き不向きもある。

やって違ったと思うこと、やり残しであったということに気づくもあるでしょう。それは無駄ではないです。

その時にするから意味があったり、喜びがある。そしてやらないと重要なことに感じてしまったりするものですから。

第一、自分から湧き出てきたことを行動したことですっきりもします。

 

ただサボっていたり、怠惰なだけかもしれないのに。

しかし、行動する、行為しやってみると、やったことになります。状態変化です。

脳科学的には、そればかり考えると重要なことだと思ってしまうそうですから。

行動しないとその行動しないことに大掛かりな意味を見つけようとします。

勘違い、飽きた、才能がないのその繰り返しの中で、どうしても諦めたくないことは続けていると世界と出会う時がやってきます。

諦めたくないのに諦めようとするからややこしくなり。機会も失うんですね。

取り組むときは、諦めない、続ける、辞めないといけないことなどあるなんてありえないなんて思いで取り組んでください。

個人セッションは随時承り中ですよ。

 

 

個人セッションメニューについてはこちら

 

Follow me!

session

アストロシャーマン・コダマ凛個人セッション
アストロシャーマン・コダマ凛のサイキックアカシックヒーリング&占いカウンセリングセッション。この生があなたの魂の糧となりますように。

コメントを残す