種を植えたことを忘れない

先日、一粒万倍日と天赦日が重なりました。次の日は金環日食、夏至とめでたさが重なりました。お客様でも新しい転機を迎える日と偶然に重なりました。

仙骨は金銭感覚を司ると言われています。チャクラでいうと第二チャクラの後ろ側。

溜め込みやすいチャクラで濁りやすいとも言えます。雨が降り続くぬかるんだ大地とも言えますが、あまりに水にひたされると種は土から顔を出すかもしれません。

水という感情と土は混ざり合うことで豊かな土壌となります。

一粒万倍日も一つの麦からたわわに実るということなので、植えたり、手放す要素が大事ともいえます。

なのでなにか大事な支払いをしたり、なにかに使うことが大事なんですよね。

この世界に循環していくこと。

種を植えることで、栄養のない大地も世話することで豊かな土壌に変えることもできます。

稲穂ですので実ったものは機会損失はしてはいけない。食すこと。

花が咲くなら実になります。

始まりを大事に育てて、思いが形になるように忘れずに世話をする。

忘れることやよそ見によって変化させる機会を損失するんですよね。(戒め)(´-ω-`)

 

関連記事

  1. 6月4日:集合意識の変革が行われている。

  2. 女神カード)セレネー

  3. レポート)アニマルメディスンカードカウンセリング

  4. あなたが歩むこと。

  5. 5月1日上弦の月ー暮らしを楽しみ、誰かを助ける

  6. 伝統打破・世界へ変化を受けいる)ラグビーワールド会長選挙の今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA