ホロスコープ鑑定)マクロビオテックをアメリカに広めた久司道夫さん

マクロビオティックの父・久司道夫さん

久司道夫さんを占います。
アメリカにおいてマクロビオテックの考えを広めたといわれている方。

マクロビオテックとは?

もともとあった食養という考え方に、桜沢如一さんによる陰陽論を交えた食事法ないし思想といわれます。
二元論、陰陽や身土不二。陰陽調和、一物全体という独自の哲学をもちます。
あくまでも哲学であり、思想という観点が大事かもしれません。

久司道夫さんのホロスコープは?

久司道夫さん 1926年5月26日生まれ

久司さんは、太陽が牡牛座、月は蟹座に在泊中にお生まれになりました。
まさにこの太陽と月の関係からみても食べ物、身体を作るのはなんですか?食べ物ですと答える人でしょう。それにお母さん的です。
そして感情や関係、五感の喜び。
も大事なのかな。
太陽が牡牛座にあり、獅子座に海王星、太陽の反対側蠍座に土星、
そして水瓶座に木星という
不動宮におけるグランドクロスという星の配置が出来ております。
まずは、牡牛座の太陽、3ハウスからみても、食べ物、自分の肉体についての話、
コミュニケーション、講演という人生です。
アセンダントが魚座の可能性が高いようなので、よりスピリチュアルな要素を持っています。
色々な要素を合わせ持つ価値観とも言えます。
なかなかの頑固さ、緻密さをもつ思想、考えを伝えるということをされて行かれるでしょう。
隅々まで見渡そう、管理するという方向、そして継続と再利用可能なものということからすると緻密な構成と決まり事。
決まり事、フォーマットを求める方にはたまらない感じですかね。
久司さんのマクロビは確かに決まり事が多いですね。そうなるんですね。
月が蟹座ですので、母、家族だし、水のグランドトラインもできてもいて、情の篤い感じがします。
女性達のサポート、お母さん達のサポートも考えられます。
自分が育ってきた環境から得た変わらぬものを表現するということです。
変わらない母の思いとか日本食は素晴らしいのですよ?皆さん、そうでしょう?とか言って力強く言われそうですね。
しかし、この配置だとある程度母心や迷ったときに尋ねられたら、しっかりとした決まり事を作ってそれに沿って日々おこないなさいということ。
融合する力は半端なく、グランドクロスからみても排除する傾向があるかもしれませんね、
そのつもりはなくても。
この方のしっかりとした思想や考えはある一定の聴衆の方々はなるほど、なるほどと聞いたはず。
知らぬ間にみえないネットワークが構成されていくような星の配置だなと思いました。
この方の指示に従えないものは、排他される訳です。
そして、マクロビに傾倒しているとまた傾倒していないひとはなんとなく排他されるような気がして排他するという連鎖がぐるぐる。
ご本人も癌に成られているということで詐欺師呼ばわりされていたりするようです。
しかし、ご本人は忙しくてそんなマクロビ健康法は実践が難しかったようです。
3ハウスも強いですし、この星の配置が固まれば
身動き出来ないほど移動しているはずです。移動して拉致されるように缶詰とか。
病気にならないっていうことはあり得るのかということで、なんだか酷ですね。
いつかは死ぬのでそれが病気かどうかなんていうことは他人には、あまり関係ないような気もする。
そこにどのような体験、家族や周囲の人、ライフワークとの関連なども含めてどのように向かい合っていくかがある。
ご本人は膵臓癌で亡くなられているようですね。膵臓というと星座(サイン)との対応として、蟹座です。
蟹座には月がありますし、冥王星などもありますので、日々忙しくて酷使されたと思われます。
胃なども悪くなるかもしれません。
膵臓は寂しい、愛についてのテーマがあると言われています。
金星も冥王星で激しい配置があられたようなので、ご本人においても自分を発する事と自分自身との葛藤や
時代の空気感や周囲の関係において起こった中で
新しい食文化をつくるような流れもあったのかもしれませんね。
その中で走り抜けた人生ですね。
マクロビの肉食を排除したのは、
戦後からの暴力性を排除するためにあったというようなことも書かれているサイトもありました。
日本人の一つの懺悔なんでしょうかね。それについては、詳しく調べてないのでわかりません。
また調べてみます。
肉食の思想という本を大学の頃に勧められたのですが、なぜ人間は動物を貶めるのか?というのをヨーロッパ文化、西洋文化の視点から書かれたもので面白かったです。
完璧なものはないのですが、あまりこだわり過ぎると
それを食せない自分を責めたり、他人に妬みや嫉みをだいてしまうかもしれません。
自分を追い込みそうになったらちょっと距離をおいて、
よき物だけを取り入れるということも大事かなと思います。
桜井如一さんもまた機会があればホロスコープ調べさせていただきますね。
こちらの方の方がおおざっぱで私好みかもしれません。

ホロスコープカウンセリングはこちら
3次元的な世界でどのように愛の次元を表現するかを読み解くパラン占星術

関連記事

  1. パラン占星術)村上春樹さんを解読ー

  2. 水瓶座は食べるのが苦手

    水瓶座の肉体への嫌悪感と空腹の快楽

  3. 2019年水星逆行情報

  4. ホロスコープ鑑定)沢田研二さんのコンサートへ行ってきました。…

  5. 6月18日からの水星逆行。地球で生きる。心身魂のネットワーク…

  6. リリス―自立、従属しない、解放を表すー性的エネルギー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2020.09.26

    苦手な人間関係に必要な取り組み

  2. 2020.09.24

    上弦の月ー異質なものとの出会いで心の変容が起こる

  3. 2020.09.22

    2020年秋分の日のメッセージー新しい時代の幕開けのため…

  4. 2020.09.19

    トラウマから解放し、自己愛、自尊心を高めましょう。

  5. 2020.09.19

    内なる自然、自然界の秩序を形成し、平和と喜びをひろげる

  1. 2020.09.24

    地球の歴史と生物の歴史が横たわる人類の意識の世界

  2. 2020.09.23

    自己と共にあることを感じることで自信を得る

  3. 2020.09.19

    未来は今の日常の精巧な注意力でできている。

  4. 2020.09.09

    ライトボディの覚醒ールべライトの馬で行く。

  5. 水瓶座は食べるのが苦手

    2020.09.06

    水瓶座の肉体への嫌悪感と空腹の快楽