占星術)月の働きについて

占星術の出版のブームを長らく見ていると「月」についての本が何年かおきにブームとなります。この月とは何でしょうか?占星術的には太陽という創造の方向へと向かわねばならないのですが、月に依存すると日々身体がだるいというような感触になってしまいかねなりません。前向きに月を守備し、太陽に向かっていくことが大事です。

月の働き

月は私たちの感情を表し、どのような感受性を持っているのかを占星術、ネイタルホロスコープから知ることができます。

この月の作用は一生を通じて変わりません。

月は28日周期で黄道を一周するので一定していないとも言えますが、生まれた時の月の位置を補強するように移動しているとも言えます。

感じ方がその生まれた時の月がどのサインにあるかによって形成していくと思ってみてください。

なぜに、人はこうも違いがあるのか?ということも理解できますし、兄弟や近親者でも同じような環境で育っても

感じ方が違うこと、そしてその時々に受け取り方によっても未来は変化して、人格も変わることができるとも言えます。

人と人の相性、特に一緒に暮らす、日常的な関わりを持つ関係性の中では重要視する天体といえます。

ご自分が感じること、食の好みなど生まれてから7才までに培われた基本的な志向などを読み取ります。

お母さんのお腹から生まれ出てから、日々刻印されているような要素。

28日で月は黄道を一周しますがその経験によって、生まれた時のサイン(星座)が刻印されていきます。

年齢が経るごとにその傾向が強まっていくということ。

外に見せる顔ではなく、家、家庭の人に見せる顔、性格的要素。

母親、幼い頃の環境が垣間見れる天体といえる月。

どのような感情的な繋がりを求めるのか、母親からの影響、

どのように過ごすことが好きなのかなどハウスを含めて

ホロスコープから読み解いていくことが可能です。

なぜ、そのように言えるのかというとそこに、そのサイン(星座)に月があるからとも言えます。

月の周期

月は28日周期で黄道を一周します。

この一周するうちに占星術では牡羊座から始まる12サインを2日間半ほどで移動していくとされています。

先ほど日々その生まれた時の星の配置が刻印されていくとお伝えしましたが、この日々移動する月やほかの天体からの影響を受けて、生まれた時の星の配置から浮上する感情や感性、言葉、他者との関わりによって自分なりにそのサインの影響から自分自身を認識していきます。

月が水瓶座の方の場合、風のサインに月が来たときは人との交流が活発化したり、言葉を発することが簡単に感じるかもしれません。

より本来の自分自身を認識しやすいといえます。本音が見える

(風のサイン、双子座、天秤座、水瓶座)

月を意識して暮らすと、月経などのサイクルが安定するといわれています。

マヤ暦なども使用していると自然に生理が安定される方も多いと思います。

旧暦の暦は、月のサイクルでできており一年は13カ月であり新月が月はじめというカレンダーです。

地球で創造されるものは月のサイクルと同調し、農作物などを植えたり、お花を受ける、そして子供の出産も月のサイクル、海の干潮、満潮とリンクしているといわれています。

太陽のサインの12か月ですと自然との不調和が生まれるといわれています。いわゆる不自然といわれるサイクルを生み出しますので

どうしても自分自身の肉体的な要素を無視して生きることになり

肉体的な要素を損ねる可能性があります。

私たちには様々な天体の働きが心や身体、魂の要素に影響しているので

一つのリズムで生きようとすると難しく、ここから見てもたくさんの自分の個性を持っているといえます。

お仕事などの場面では、今日はお腹が痛いですとは言いにくいですよね。しかし身近な人はあなたを理解してサポートをしてくれるかもしれません。

相性について

誰かと暮らすということでいうと

月の相性が良いといわれていることがとても大事な要素となります。

しかし、一般的に相性の良いもの同士で恋愛関係が起こる訳ではありませんし、結婚に至る訳ではありません。

それぞれがパートナーに求めるものが違います。結婚生活に対しても違うかもしれません。

一般的に相性が良いと言われるサインに月があったとしても、幸せになったり理解してもらえるとは限りません。

何故かというと、それまでの生活や家族の考え、価値の違いがあればすれ違うからです。

しかし、タイミングやノリはあるのでご一緒にいらっしゃるということが起こります。

始めはゴタゴタする可能性も実はあられます。

互いの言っていることがわからない。理解しようとすることで

本来の相性の良さを発揮されていかれることも多いですよ。

相性が良いからといって努力は必要なのですね。すぐに分かりあえかと言うと相性が良いと言われることによって

不運も起こるかもしれません。あまり相性にこだわらないことが肝要です。

長時間一緒に暮らすということが起これば、今まで知らない顔を知ることにもなることでしょう。

一緒に暮らすことによってすれ違いを起こす場合もあります。

ご自分とパートナーとのホロスコープを知ることによって

理解をして、それぞれの違いを認めることが大事です。

占星術やタロットや霊視などのセッションにて相性やご自分の良さを再確認するセッションをさせていただいています。

コーチング的な要素や未来的な時期なども含めてアドバイスさせていただいています。

星の言語は様々な言葉に書き換えることが出来ますし、ちょっとした言葉と行動を変えるだけで人生が変化していきますよ。

お気軽にご相談ください。

お時間のわからない方は、年表などを送っていただいて生まれ時間を探す事も出来ますが別途料金がかかります。

人生を振り返る際にもその時々の体験を見直すきっかけにもなりますのでお気軽にお問合せください。

月は身体の心地よさを表します。先祖や親との関係もここから配慮する必要があり、個人の月の要素を大事にすることで人は未来、太陽の創造性へと向かっていけるとも言えますし、月を過剰に評価しすぎるとネガティブさが表出しやすい方もいるので気を付けていただきたい。

関連記事

  1. 虐待を示唆する小惑星ネッソス

  2. 日月蝕は、この世とあの世のゲートが開き、魂の霊統を知ることが…

  3. ホロスコープ鑑定)北朝鮮建国図のその後

  4. 月の働き

  5. ホロスコープ鑑定)ジャコメッティを占う

  6. 2019年水星逆行情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA