6月18日からの水星逆行。地球で生きる。心身魂のネットワークの再編成

コダマ凛です。

金環食前に水星逆行が開始されます。さまざまな生活の変化から感情が揺れ動き様々な分断が起こっていますね。人種差別などの課題も浮上している今、自己受容の気運も高まってます。

自分自身の本当のことに気付くこと。この本当は過去ではなく未来からやってくること。

 

水星逆行開始6月18日13時38分~順行 7月12日17時17分

一か月近くになります。水星は一年に3回から4回逆行します。今年は二回目です。前回の時はコロナウィルスの蔓延の情報が錯綜し、デマやコロナ君を甘く見ていたぜということで各国の判断が遅れてしまったということがありました。

この水星逆行期間は金環食もありますし、宇宙的な存在感が高まる時です。この地球上で迷子になって苦しまれている方は、本来のあなたを思い出すような体験、経験をすることでしょう。この地球上の乗り物に拘らずに、快速特急で進まれるとよいかと思います。自分はここの一員ではない。しかしここにいるという決意のもとに地球を楽しんでください。

蟹座にある水星は身近な人の感情によって物事の判断基準にする傾向があります。水星というのは中立的なのですが、蟹座の情が絡むことで客観的判断がしにくいというような側面があります。

6月18日からの逆行領域はかに座14度辺りから7月12日蟹座5度辺りです。水星逆行し順行に転じる度数は6月はじまりの辺りです。蟹座の前半は、個を超えたものに身をゆだねること。そして共感力を育成し、共感から共依存的な関係になってしまう。そこから脱却してあえて他者とは迎合しないというスタンスをとるという流れがあります。この前半は人との関わりで難しい人間関係、自分と他者との理解の違い、繋がることの困難を体験されていらっしゃった方も多いと思います。もう一度共感するというテーマを取り組まれたりすることもあるかもしれません。

蟹座は日常です。どのようなことで安心を感じますか?新しい日常の変化に慣れていく。

蟹座に太陽も同じ時期に移動し始めていき蟹座の共感性を学び、仲間、自分自身の所属を問い直すというような気づきにあふれた流れがあられるのではないかと思われる。自己感覚とその感覚が作り出す人との関わりや肉体的、時空の再編成が行われると考えられます。人によると不思議な体験やビジョンを得る方もいらっしゃるのではないかと思われますよ。まるで宇宙ロケットに乗って、横に座るチケットを得たというような実感です。ここではない未来の旅への決意を新たにするとも言えます。あなたの感情が意志となってあなたを導く推進力に変化します。ジョット噴射です。導きは人や地球上の存在じゃなくてもいいやないの?ということ。

皆さまのマカバが装着されたらいいですね。

宇宙存在として生まれ変わるようなタイミングの水星逆行です。この地球に縁のない存在は何故やってきたのかと問うことをやめて、今ここで地球人をやってみようではありませんか?


このタイミングはより宇宙的な繋がりを知っていただくようなセッションがおすすめです。

あなた自身は肉体次元の自己ではなく、様々な光の存在との繋がりのネットワークにいます。

パラン占星術

小惑星占星術関連のホロスコープセッションもおすすめです。

アカシックライフヒーリングもおすすめとなっております。

関連記事

  1. ホロスコープ鑑定) パートナーシップ・ケン・ウィルバーさんを…

  2. 空也とクワオアと天秤座26度~30度知性

  3. アニマルメディスン・ビーバー「建設的で頼れる存在」

  4. ホロスオープ鑑定)兄弟愛・芸術の創造・ゴッホとテオ

  5. 種を植えたことを忘れない

  6. 人はいつでも変われる。やめられないのは地球でよく生きたいから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA