2020年後半星座占い:火星座牡羊座について

2020年は牡羊座に火星が半年居座られます。

冥王星が土星と重なることで、人を閉じ込める作用を発揮します。2019年からこの配置が形成されて2020年になり、その成果が閉じ込めるという風に世界的に拡大しています。ある一定のサイン(牡牛座、乙女座)の人々はもうお外に出たくないという気持ちがあふれていたり、外にでるとがっかりすることを感じたりもされて、より外への意欲が消し飛んでいるという状況の方もいらっしゃるはず。上記のサイン(牡牛座、乙女座)でなくても、コロナの蔓延によってあまり出歩かないというような傾向でいらっしゃると思います。ただいま木星と冥王星は重なっていますが、土星は水瓶座からしばしの山羊座という本来の場所に戻ります。(水瓶座にとっても土星は天王星が発見されるまでは本来の場でした)山羊座というのは社会やそのステイタス感がありますが、その形成や構造化された社会を壊そうと働きそうであります。この牡羊座火星。本来は、牡羊座という「魂のまんま」の始まりのサインですので、始まり、開始を予感させることもあるでしょうし、風穴を開けるように働く。自分の硬い頭や既成概念を壊すようにはたらくのかもしれません。それに地震も怖いように思います。別の天体でもありますが、水、雨、台風などの被害はやはり気を抜いてはいけないなとも思います。ノード軸が蟹座ー山羊座を移動していた際の社会の中の権力者のほつれがあらわれてきたことがまた噴出しているともいえるので、そのひびがはいり、ゆるみが出てきたところに火星という攻撃的、破壊的な要素が加わりますので何らかの脳天どっかーんというような出来事も起こるのかもしれません。

この夏至からの流れからもその方が本当に求めて行動されるスピードが速まっているように思います。様々なコロナの蔓延によって価値の総入れ替えともいえる状況にもなっているように思います。

間関係も価値観の闘いというような側面があらわになっているようにも思います。こういうのは人を疲れさせますよね。

人はつい自分自身の引け目やうまくいかないことを背負いながら生きているものです。様々な日常、仕事などに取り組むことはそのような心の負担や荷物を抱えながら生きることを優先する傾向も出てくると思います。

コロナウィルスはその日常を壊し、その先に目をむかせるような働きとして拡がったように思います。何かのために働くのではなく、仕事が好きな人はたくさん仕事をいたしましょう。遊びたい方は遊べる方法を見つけてみましょう。自分の本当のことに取り組んで世の中の変化が余儀なくされるならそれに合わせていけるようになってみるのもよいですよね。

この星、地球にもう一度光が届くような出来事として現象化され、心の大陸大移動(人はあまり動かないのですが)が起こるように思います。

火星牡羊座期間の星座占い

牡羊座

たくさんの仕事、期待が集まってきます。それは攻撃のように感じるのかもしれません。時には癒しももたらします。ここ数年の困難はあなたの甘さを一掃し、あなたをより広い世界への扉を開くためにありました。あなたにとって大切でないことばかりに目を向けている。身体をむけてはいませんか?あなたにとって歩むべきフィールドを再確認してください。

牡牛座

生み出すための棚卸時期といえます。誰かが呼んでいる声を聴いて、その場を離れた。離れたらもう戻らないかもしれません。残されたその場にはもうそのままで空白が残ります。振り向かなくてもいいのです。そのまま、つい動いてしまったことを大事にしてください。流れていく、その流れに乗っていることにあなたは魅了されているのです。

双子座

可能性に満ちた時期です。環境、自分を取り巻く関係性、思考の型が変わります。そうなることであなた自分自身の存在の意義が変わるのかもしれませんね。関わり会う人、かかわった人との考えの違いなどもあらわになるのかもしれません。不和はあなたをそこから追い出しにかかるかもしれませんね。良好な関係はあなたを今まで見たことのない希望や野望を届けてくれることでしょう。

蟹座

何らかの役割からの解放が起こります。それは不和として起こるかもしれませんし、何らかの新規のプロジェクトとして浮上してくる方もいらっしゃることでしょう。なんとなく受け入れていた環境や役割ではないものを火星はつまらないものにしてしまうかもしれません。日々生まれ変わる、新しいことはいつも素晴らしいという考えはあなたを喜びに変えてくれるでしょう。

獅子座

友人との繋がりや心を解放する考え、哲学、出来事、人生の旅に溢れています。それは生まれ変わらせてくれる、目を覚ますような印象を与えてくれることでしょう。自由の探究はあなたをよりパワフルに、スリリングな人生の旅を与えてくれます。

乙女座

腹に据えかねることに満ちているように見えます。すべてのことが欺瞞に溢れているようにも見えるかもしれません。しかし、私たちはその中で暮らしている。ガラクタに目を向けすぎず、そして集める行為は控えるようにしてください。毎日使用するもので思考は出来ています。自分を揺らして自分自身の変化も楽しまれてくださいね。

天秤座

先入観があなたを覆っていました。その考え違いや思いこまされていて、古くなったことが明らかになります。思い込みが外れるとあなたを縛っている何かが判明します。それは人間関係、パートナーとの関係かもしれません。不和に偏りがちな時でもありますが、それはエキサイティングな時期とも言えます。珍しく喧嘩などしてみませんか?

蠍座

やる気がなかなか出ません。踏ん張りが出ないという蠍座の方には珍しいことが起こりがちです。何もせずにいるということもあるかもしれませんが、そんな時でも何かが起こっているということもあるのです。日々の潤いを味わってくださいませ。休息の時期、健康に留意する時とも言えます。

射手座

今まで足かせになっていたことからの脱却期間とも言えます。今まで「何故このようなことに拘ってきたのかな?」と思うようなことの気づきにあふれてきます。必要な拘りだったのかもしれません。しかしこれからの世界、自分自身のために必要なのかが開けてくるということなのです。

羊座

ここ10年ほどの様々な変化の渦中にいました。守り抜きたいことに直球勝負という時期でもあります。家の中や心の中にある課題が浮上してくることでしょう。その背後には本音の大事な力があります。その浮上してきた思いを捕まえて、それを手にとり踵を返して去ることもある方もいらっしゃるでしょう。あなたの勇気には世界はいつも応援してくれていますよ。

水瓶座

山の上にのぼると見晴らしもよく視界が開けていきますよね。達観し、終わることを待つのです。心は騒がしい時かもしれませんし、周りの方々も忙しいかもしれません。その中であなたは冷静に見守っている。その騒がしさに気をとられずに終わることを待つことも大事です。果報は寝て待て。動きながら寝かせることで楽しみが知らぬ間に膨らみます。

魚座

情報過多、いろいろ時になってしまい、落ち着かない日々になるのかもしれません。金銭の心配や自分自身をついいじめてしまうようなことをやらかしてしまうかもしれません。思うようにいかないことに気をとられずに、その成果とプロセスの中で仕切り直したり、改善することに力がついてきますよ。何事も変化させていけることの気づきにあふれています。

 


 

関連記事

  1. 占星術)月の満ち欠けー新月ー上弦ー満月―下弦

  2. 木村拓哉さんのホロスコープ解読

  3. 占星術)月の働きについて

  4. ホロスコープ鑑定)壇蜜さんを占いました。

  5. 小惑星を加えたアステロイド占星術について

  6. レポート)ホロスコープ講座からの有名人の方々のホロスコープ解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2020.09.26

    苦手な人間関係に必要な取り組み

  2. 2020.09.24

    上弦の月ー異質なものとの出会いで心の変容が起こる

  3. 2020.09.22

    2020年秋分の日のメッセージー新しい時代の幕開けのため…

  4. 2020.09.19

    トラウマから解放し、自己愛、自尊心を高めましょう。

  5. 2020.09.19

    内なる自然、自然界の秩序を形成し、平和と喜びをひろげる

  1. 2020.09.24

    地球の歴史と生物の歴史が横たわる人類の意識の世界

  2. 2020.09.23

    自己と共にあることを感じることで自信を得る

  3. 2020.09.19

    未来は今の日常の精巧な注意力でできている。

  4. 2020.09.09

    ライトボディの覚醒ールべライトの馬で行く。

  5. 水瓶座は食べるのが苦手

    2020.09.06

    水瓶座の肉体への嫌悪感と空腹の快楽