双子座新月ー人生に多彩さを。核心的な課題に取り組む

双子座にある水星と金星が重なっています。東の空、少し右側にある小さなの光が二つ輝いています。

水星が見えることは珍しいので是非明るい金星に場所を教えてもらいながら眺めてみてください。19時すぎです。


新月は、2020年5月23日2時38分。その度数は、新月は、双子座2度あたり「テュレリー公園」

  • 人生の美しさにバリエーションは必要である。
  • こんな時に何を考えているのだ?というような遊びな要素を大事にしましょう。
  • ガジェットや文房具、遊び、知的好奇心やスピリチュアルグッズに手が伸びるときかもしれません。
  • 色々な目の前の出来事の前に圧倒されてしまう可能性がありますが、それには大事な問題に取り組む必要があるかもしれないことに気づく。
  • →その課題を解消したり、問いの変更がもたらされる。

 

水瓶座土星が改革の意図を新月をサポートし変化の意識を新月に語りかけながら逆行中です。

不可解で不安定さを新月に働き掛けてもいるのですが、よりスピリチュアルな側面への視点や行動によって

現実やより高次な意識への回復を模索する火星との関係によって、私達は新しくもあり根源的な世界への回帰、視点を形成しようとしています。

現実的であろうとしたり、何かを作り出す理想の世界やより皆が総合的に

双子座と魚座の関係は矛盾を表します。

双子座は個人的なサインであり、魚座は総合性、全てを含み回復を求めるサインです。

魚座は境界線を超えて行こうとします。大阪は緊急事態解除となって、皆が免疫つけていきましょうへのシフトを行いはじめました。

双子座の現場主義というような今をうまく乗りこえようとするサバイバル感を感じる点でもあります。

双子座は肺を表すサインでもあるので、まだまだ免疫力アップに気をつけて、マスクを忘れないようにしたいものですね。

魚座は殉教者の元型とも言えるサインです。しかし、双子座は好奇心や興味をもって情報を楽しみます。

新月を中心にして天秤座、ジュノー、風のサインにグランドトラインが起こっています。

2020年5月17日からの一週間の星の働きーあなたの霊性と冷静

この新月は自分らしくいるための試金石となるような事を見つける機会とも言えます。

色々なものが流入し対処することが求められるような時でもありますが、うまくやり抜こうとせずに

いっそ自分の中で壁を作り、見直して観ることもありなときかもしれません。

そのための文房具(双子座)やガジェットなどのツールに目がいきそうな時でもあります。

必要なものを手に取り、安心感を受け止めることも大事な時でもありますよ。

色々な人生の美しさにはバリエーション、趣味、思考が必要とも言える時です。

 


個人セッションについてはこちらーcourse

 

関連記事

  1. 山羊座ステリウムと水のサインと三浦春馬さんに寄せて

  2. ホロスコープ鑑定)マクロビオテックの父・久司道夫さん

  3. 2020年2月の水星逆行の影

  4. エマ・ゴールドマンをパラン占星術でプチ解読してみました。

  5. ホロスコープ鑑定) ロダンとカミーユ・クローデル

  6. 小惑星セレス)母性、養育、自己受容からの拒絶、自己嫌悪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA