占星術講座のサビアン占星術を解読しました。

占星術講座をプライヴェートレッスンで行っています。

サイン(星座)の解説では、サビアン占星術もお伝えしています。

先日は、1度ずつのシンボル表と一つのサインを6グループにわけたグループの解説表を眺めながら

ご自分の天体とサビアンとの関連をみていくと生徒さんはびっくり‼️されていましたね。

サビアンはよく知られてますし、その象徴と意味を読むとまさに!そうではないかということで驚き難しい占星術の知識も特に必要でもないので人気があるように思います。

その詩篇のような言葉をチャネラーが降ろしたという言葉もスピリチュアルなメディウム、霊媒や導管になるという言葉に惹かれる方も

ぐっと来るものがありますよね。

私自身も自分自身のサビアンを見た時にバッグというのが当てられていて、カバン作家になりたいと思って試行錯誤していた時期でした。(笑)

ので驚きましたー。

やはりバッグは好きです。しかし、今となればその先の手ぶら生活を模索しています。し、そのじぶんの持ち物が入っているだろうバッグの中から物を出す、逆さにしてバサっと出しているニュアンスやエゴを捨てる必要の意味からも腑におちます。しかし、すべてがここにある訳でないし、スピリチュアルやシャーマニズムにひかれるということは、このエゴを捨てる必要はいつも心に銘じる必要はあるかと思います。だからひかれると言われたらそうなんですけどね(笑)

牡牛座の16度から20度までの帯域は、頑固で哲学的志向があると言われていて、

頑固といえばこの帯域というのですが、それほど頑固でないけれどさすがの牡牛座なので実感を伴わないものは乗り気にならないという要素はあります。

人は納得するための労力に時間を費やしてしまうものです。

しかし、生きること、良い情報があればそれを活かし、可能性を生きられてくださいね。

時間という本当はないものの密室に閉じ込められないように占星術が示してくれる未来に自分を歩ませてくださいね。

大森ノ宮駅前ズーム&対面占星術講座ーマンツーマンレッスン可能です。

関連記事

  1. 北朝鮮建国図と今の星の配置から考えてみた。

  2. 高橋克典さんの再ブレークに寄せて

  3. 占星術)月の満ち欠け、その働き

  4. 大人になることー責任は多彩なものであることを生きる

  5. ホロスコープ鑑定) パートナーシップ・ケン・ウィルバーさんを…

  6. 小惑星を加えたアステロイド占星術について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA