アンタカラナ構築

アンタカラナとは虹の橋とも言われています。

モナドからハートチャクラへエネルギーが繋がり生命の糸、シルバーコードが伸びています。

魂から松果体ー意識の糸がのび、意識のコードが活性化される。

モナドからハートチャクラへのびたものはアトランティス期に活性化し、

いまは生きる人類はアンタカラナを活性化するのが目標である。

アンタカラナの構築には、始めの半分は独力で行うこと。

糸であったものが紐、コードに変わるのだそう。

瞑想、悟性の発達、霊的修養、具体的な霊的集中によって構築が行われ、魂、モナドの支援を受けるようになる。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

〇〇家最高傑作