届くものを分けるのは私。

わたしたちにわけへだてなく届くものを受け取る準備をしておくこと。

自分にではなく、全ての存在に届く光。

光は闇に届き、闇があるから光によって闇は定義される。

それは自己の闇でなく胎動のための土壌。大地。上と下。

人は自己に閉じこもり、その闇の豊かさを忌避しようとする。

人は太陽を認識し、光と闇にと連れ立ちその間に存在する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA