チャクラからわかるあなたの成長、人生と方向性

チャクラを知ることによって、自分自身の性格的な傾向や出来事の対処の仕方、問題が起こりやすい場面などをチャクラからみていくことが出来、取り組むべき側面を理解することができます。

チャクラという概念は、下から上へと成長する心理成長モデルとも言える概念です。

基本的なチャクラは7つあり、そのほかに掌、頭上の8番目、9番目という方もいます。そして様々なスピリチュアルな学びでは数十もあるという人もいます。

ここでは基本の7つのチャクラをご紹介していきますね。

  1. 第一チャクラ 一番下にあるチャクラで女性なら会陰あたりと言われる場所。サバイバル、生き抜く力、家族や生育環境、過去生。男性は大事。
  2. 第2チャクラ 女性ではこのチャクラが重要。下腹部。金銭の価値観、人との関わり方など情緒と欲望。
  3. 第3チャクラ へその上あたりの腹。様々な人間関係の情(2チャクラ)、自尊心など自己であることを認識する
  4. 第4チャクラ ハート。多次元に開いている。
  5. 第5チャクラ 喉 表現力。選択能力。下のチャクラが統合されて整う。
  6. 第6チャクラ 第3の目。神の視点。透視力。選択力。
  7. 第7チャクラ 頭頂。委ねる力。好きなことを行う能力。

第2チャクラが女性にとって大事というのは、このチャクラに子宮などが当てられているということもあるのですが、女性は自立と依存との葛藤を持っている場合も多く、お金によって依存、頼らざるを得ないと言うような歴史的な背景もありました。

弱い存在であろうとすることによって守護してもらえるという価値を教えられた側面と自立することによって、排除されるのではないかという恐れと自立すれば、その支配から脱することができるという葛藤を抱いている方も多いようです。

男性は第一チャクラの現実的適応能力が求められることも多く、このチャクラを活性化されていることは安心感、基盤を形成できる力とも言えます。

チャクラは完璧に整って、活性化されている訳ではありません。

リーディングしていると、第一チャクラが脆弱さを感じさせる、景色として寂しそうだったり実際的な場面が見えて来ますが、お話を伺うと片親で育てられたり、自己の性別においての成長の方向を見いだせてない場合もあられます。

そして、自分自身の居場所を持てない。どのようなものがじぶんが安心できる場であるのかがわからないなどの問題が起こる可能性があります。

女性であるが、男親に育てられて過剰に早く女性性を発揮せざるを得ない場合など。その逆も多いかもしれません。自己が同一化できるセクシャリティを持てなかったということなど。

しかし、そうだと言ってもそれでチャクラが成長せず、止まってしまう訳ではありません。

環境から様々に影響を受けながら、良い悪い関係なく循環しながら私たちは学び、成長しようとしています。

移動しようとしている、転職しようとしている方は、第一チャクラなどが柔軟な状態であったりもします。

生まれつきに定着することを嫌う傾向があるので、あえて第一チャクラが弱め(他のチャクラと比べて)である方もいらっしゃいます。

チャクラを見ていると、よいパートナーとの関係で、不備があるチャクラのエネルギーを整えていくということが見えてきます。

しかし、チャクラの不安定さが定着してしまうと課題が過剰に人生に影響してくる場合があります。

不安定さが定着されていると感じられる方は、エソテリックヒーリング、

サイキックリーディングなどを受けていただいてチャクラとオーラを整えることは可能です。

サイキックリーディングでも、チャクラやオーラをリーディングしてまいりますのでヒーリングが起こります。

身体の不調や腫れがひいたとお声をいただく場合もあります(医療行為ではありません)

お気軽にお申し込みください。

チャクラについては詳しく各チャクラをご紹介してまいります。

サイキックリーディング

エソテリックリーディング&クリスタルヒーリング

コメントを残す