ホロスコープ鑑定

ホロスコープ鑑定)再起の中で、皆を繋げる力を持つ高橋克典さん

あるドラマ「不惑のスクラム」に高橋克典さんが出ていらっしゃってました。
 
再起の中で皆を繋げる力をもつという役がぴったりの高橋克典さんのホロスコープ鑑定します。太陽は射手座にあり、爽やかで知的な方向性、集団性の特性を持たれます。
 
それが元ラグビー選手であり、家族をもつサラリーマンが
ある事情で刑務所に入り出所。死のうとしていた時にたまたま草?ラグビーのチームと出会い、その一員となって再起していくという男性の役です。
 
昔のこと、そして本質的な自分と再開し、そして仲間との交流の中でラクビーをする身体の感覚を思い出し、その仲間とともに再起していくと言う役柄でした。
 
周りの人々もその主人公と出会うことで、自分の中にある偏見や差別の心を知り、葛藤しながらも受け入れてチームワークを形成していきます。もちろん主人公の男だけが、生きる上の罪を背負っているわけではありません。
 
高橋克典さんは、この主人公の困難な境遇を受け止めて再起していく男性の役。
 
 
 
以前もそのような犯罪を犯したが(どちらのドラマも正当防衛でもあるので、ある意味不運が重なってしまったという役柄)そちらもステキな役で、再起していく役柄です。
無口ですが、優しさがにじみ出ているので皆に慕われる。
しかし、だけど・・・過去はあかせない。距離が良い塩梅だったように思います。
 
不可抗力というか色々な行為の重なりで犯罪者と呼ばれるような体験に投げ出されたという不運には、いつどこで誰もがなる可能性があるかもしれませんよね。
 
人生のすれ違いの中で、その中に投げ出されるということはあるのかもしれません。
 
もちろん実際的には、高橋克典さんとは違いますね。
演劇や小説、ドラマなどの表現は、その人の何かを引き出されているものです。
その人の鋳型とも呼ばれるような部分は占星術、ホロスコープなどでも垣間見ることができます。
 
高橋克典さんは、有名になられた作品がどうしても「サラリーマン金太郎」「匿名係長 只野仁シリーズ」などですので、無意味な上半身筋肉シーンとかの方の印象でしたが
時々見かける人柄がとてもいい感じの人だなとおもわれ。若い頃に全国放浪の旅に出ていたという話を聞いて、そういう系?の人かと納得したものでした。
 
高橋克典さんは、お誕生日が1964年12月15日、射手座太陽、月は午前中生まれでしたら月が牡羊座となっています。
土星が水瓶座最終領域にあり、太陽と月をしっかりとサポートするように三角形が出来ています。
歳を重ねるにつれて、安定し、様々な人との繋がりや関わり、グループを管理したりなどしていかれる方でしょう。
真面目ですし、若い頃は年長者の方からサポートがあったはず。
 
趣味も多く、バイクや車がすきなようですね。
 
人柄が良くて繋がって行く感じが水瓶座土星っぽいとも言えます。
射手座太陽が乙女座にある火星、天王星、冥王星の集合から太陽が傷つけられているので
射手座の思想や哲学的、旅人気質が乙女座の細かいツッコミに悩んだ時期もあられたと思います。
それに射手座なので大雑把であることは考えられます。なので突っ込まれる、注意受ける。生き難い。
 
この配置ですと、細分化されて細かい実務的、実際的な要素(なぜ、出来ないのだ?)
「なぜ、そんな事になったのだ?」というツッコミをされるという配置でもあります。
それに乙女座の真ん中あたりは、番狂わせが起こりやすく、無意識の反乱を受け止めやすいということなのです。
皆がそんなあなたがなぜ、そんなことをしてしまったの?
しかし、射手座はマルチですしね。に色々なことに興味をもって取り組み、いずれは自分のものにすることが出来るサインです。
 
色々な問題や障害があってもしっかりとその軋轢を自分の中に取り入れて火が燃え上がり
自分を取り戻します。
同じような配置をお持ちの方もいらっしゃると思います。
 
柔軟宮にある天体は揺れ続け、なかなかこたえをだすことは難しい課題が起こりやすいです。それに魂や心の問題を大事にされます。
 
しかし、その揺れが必要なことに取り組んだり、答えの出にくいことやテーマに取り組むと個性が発揮されていきます。
ネガティブな要素はある視点からの視点ですから。ギフトにどうしていくのか?
高橋克典さんは、大きな困難にあっても自分を取り戻す力を持つ男性を演じるという俳優さんとしては適任ではないか。
 
そして、依存的な傾向がある、ってことは頼れるところがあるけれど、そこは嫌だなと思うような配置もあります。
 
収入も年齢をへれば増加傾向と読むことができます。
デビューが30歳頃だったようなので遅咲きということからも
もしかして何か頼るところはある。
しかし、そうではなく色々な体験をして自分を奮い立たせて機会を伺ったと言うようなことがあったかもしれません。
 
この不惑のスクラムっていうドラマ、知人宅で見せてもらいましたが
出ていらっしゃる俳優さん達がとても素敵でした。
 
ショーケン(萩原健一さん、その奥さん役に夏木マリさん、渡辺いっけいさん、戸田菜穂さんなどなど味のある役者さんがたくさん出演していらっしゃいました。
 
2019年はラグビー世界大会が行われて盛り上がりそうですね。
 
 
 
太陽、射手座24度「家のドアにとまっている青い鳥」
 
 
https://youtu.be/ptnYBctoexk
米津玄津さん「馬と鹿」
こちらの曲も流行りましたね。
ラグビー会場にも流れてましたよ。びっくりですね
 
イマイチ何を歌っているかわかりにくいと言えば言えるのですが、
勝手にリスナーが脳内構成する感じなので流行歌とはそういうものなのでしょう。
 
 
「これが愛じゃなければ何と呼ぶのか?僕は知らなかった 」こちらが強烈ですね。
 

-ホロスコープ鑑定

Copyright© route32 , 2020 All Rights Reserved.