水瓶座の時代の魔術

タロットパスワーキングの予習。

9月22日 19時より

本日は、タワー、星、月の三枚です。

予習は太陽してしまう。

参加費 3,500円

お気軽に御参加ください。

毎回参加してくださっている方々のお話から、次回までがタロットの世界を歩いている、

体験しているようで不思議であるとお声をいただいています。


自分自身のアイデンティティを壊す

壊れたことで星と太陽を得る。

塔 終わるべきものを焼却してしまう。恐ろしいがほっとする。

捨てるものあれば拾うものあり。

新しくそこに始める。

文明を捨ててそこを去る人たち。

神の顔をした人たちが攻め滅ぼしいくるからそこを捨てていく。

何も持たず、意思の中に残す。

アカシャ。

目に見えない時空の中に広がる世界を見通す。折りたたまれた世界の地図はいつでも開けることは可能である。

大切なものは形になく、その時空の中に求めるものに開かれている。

そこへ意思を移動させることによってダウンロードされる。

その神は本当の神か?

神に破壊されたとしても、そこに私は無いのです。

神とは権力であり、コントロールしようとする破壊的な力。

破壊とは自然に起こり生成する力を曲げようとする力。

形がなくなれば、あなたは本来の大きさになっていく。

あなたはあなたの大きさを取り戻す。

世界を覆い尽くす世界と同じように立ち上がり

山脈を越え、大河を渡る。

魂の働き、魂と歩みを伝えること。

背後にある星と自分。

星の優位性。

星の働きに委ねることでその光速の意思と行ける。

私は星に乗られた女。

形のない水に含ませた毒。子らの栄養となり、培養液。

生み出す腹の子供が憩う川、湖の土壌を作る。

その子は魚のように踊りだすだろう。滑るようにその水の中に落とされた。

ゆっくりと水が跳ね、跳ねて回転しながら産み落とされた。

産み落とされた子らはそれぞれの星の光をその背骨に通す。

その背骨は、その手に力を宿すだろう。

その手の強い力によって、足を表出するであろう。

何をすることを、なんのためにここにきたのかを

湧き上がる力から思い出すことだろう。

湧き上がる壺のアムリタは別時空から

与えられた

忘れ得ぬ魂のほとりへと繋がる。

過去は過去になり、世迷言の世界は背後になった。

太陽が指し示す光の中で子らが踊る。

片割れが押す乳母車で運ばれる。

うっとりとした気持ちで五感が働く。

こっそり盗み出した台車で走り抜ける。

私たちは自分の世界がそこにあると幽閉された世界に感じるのだ。

いや、だれもここを作った訳では無い。ここに辿り着いたのだ。

世界は退屈。

自分の世界の壁側に、こっそり見えるなにかの尻尾についていってしまう。

それを自立や旅立ちと言うのだろうか?

五感は震える。

そこに世界は現れてくる。

そこには見るべき大陸が、私が広がっている。

世界はぐるぐる巡る。走馬灯のよう。それは私が踊っているからね。

ここに立ち上がる我あり。

山脈と大河、花々を連れる我あり。

   
水瓶座の時代の魔術

タロットパスワーキングって

タロットパスワーキングってどのような目的でおこなうのですか?

集合無意識、潜在意識には私たちが共有して記憶、思いがあります。

知らぬ間に私たちは誰かのような人生を送っていると感じることはないですか?


団的無意識という概念は心理学者C・G・ユングによって今世紀になって創り出されたものです。人間の精神は、何十万年にわたる人類の経験によって形成され、影響を受けてきたとユングは主張する。この経験の集約された本質が、我々一人ひとりの心の奥深く潜んでいる。意識の下に、個人的無意識、つまり、個人の蓄積された経験と記憶が存在する。そしてその下に、全人類共通であって決して個別化できない、集団的無意識がある。「元型(アーキタイプ)」、集団的無意識の原始的で強力な心象が、夢や幻想の中に、神話の象徴のなかに、詩や宗教の中に表現されている。タロットカード、一枚一枚に深く沈潜していくとそこに原始的元型ともいえる象徴と接触することが出来ます。

私たちは何故自分自身をその物語の一人として、イメージしてしまうのでしょうか?知らぬ間に誰かと、ある人と同じような物語を生きてしまうのでしょう?

より深くその集団的無意識の象徴を体験することによりその象徴的体験をすることにより、経験や記憶を書き換えていく体験を パスワークで体験してみましょう。


トートタロット 序文を再構成しています。

初心者の方もご参加ください。

タロットカードは、大アルカナと小アルカナを含めて78枚が一セットとなります。その中で22枚の大アルカナを扉にして集合無意識的な領域を探索することで、4次元領域の地図として扱う事が出来ます。小アルカナを使用して階層を探求することワークショップも検討中。私たちの意識は自分の癖や思い入れによって偏った意識世界地図を知らぬ間に歩いているという状態を繰り返している可能性が高いのです。タロットカードにはそれぞれの意識の状態が描かれているので、そのタロットの意識の扉を開き、4次元領域の地図をあるくことによって、瞑想によってその一枚一枚のタロットが担当する意識領域を開拓する行為となります。自分自身の価値はある意味自分にとっては大事であるのですが、その大事さや思い入れによって偏りが出来てきます。自分自身を特定の生き方から外に連れ出す為に

タロットは使える道具ともいえます。

今いる場所から違う場所に移動する為には、移動する、なりたい状況を引き寄せる意識を知ることが必要であり、体験することによってエネルギー的には同じものとなります。既にそのようになるというと言うことでは、より引き寄せる力は増すことになります。し、自分自身が苦手な領域や偏りを理解して、現実とのフィードバックを見直すことが簡単にできるようにもなります。



👋

大阪森ノ宮占い&スピリチュアルヒーリング

大阪森ノ宮駅前占い&スピリチュアルヒーリング
Space/hyperion アストロシャーマン・コダマ凛
サイキック&チャネリング・アカシックリーディング・タロット・ホロスコープ鑑定・スピリチュアル星のヒーリング(クリスタル・アロマヒーリング)エソテリックヒーリング
開運&才能開花・家族や関係性から解放されるヒーリングなど多岐にわたるテーマでお力になります。