第10週 魂のこよみ

夏の空へと天高く

太陽の本質が輝きながら上っていく。

限りない空間の彼方へと連れてゆく。

かすかに予感に満たされながら

私のなかで動きだす感性、まるでぼんやりと私に告げるように。

いつかおまえは気づくであろう

「崇高な神的存在が今まさに、お前を感じていることを」

f:id:torimiko:20180607130204j:image

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA