2月23日水の女性たちと波紋、舞う

コダマ凛の活動諸々

日々ライトボディとのおしゃべりをしているのでアップしていこうと思います。

向こうの方で女性が3人なにやら話している。または踊っているはしゃいでいる。いきなりアクロバット的な動きやカポエイラ的な動きで俊敏である。3人で演武をしているようでもあり、私は右側の後ろを感じている。そこに女性たちがいる。(場所が変わった)だからといってそこに向かって歩いていくのではなく後ろで動きを感じている。これは水だ、まるで妖精だとかんじている。その輪の中には入らずにその動きによって、変化する空気の場を感じている。

胸のあたりがサワサワしていくるがそのままにする。そのサワサワする感じが人の集団と自分との関係性のある気づきに至る。

今、冥王星は山羊座26度「水の妖精」のサビアンであることを思い出す。

すると大きな縄跳びが何本かがくるくると巡りながら綺麗な模様を描くのが見えている。

違う動きが今目の前に広がっているのを私は観察している。

自分が演舞者であることを忘れない。演武でない。何かを発すると何かの変化を起こす。

蝶の羽ばたきとも言えるが、あまり何か意味的なことは今日はおいておく。わたしなりの演舞が浮上してくる流れ。

いつかその手紙は忘れら去られて私自身も変わっている。内容は知っているのに知らないでいるように生きていく。 

日々軽やかに生きていく。ぐるぐる巻きの筒の中。まるで消化されるために進む内容物。

消化するものされるもの、昇華。

Follow me!