2020年蠍座新月、全体との統一を表現し、有限の自己を超越する私の能力

蠍座新月です。

2020年11月15日14時06分、蠍座23度あたり、「一人の男の話を聴くために山から降りてきた群衆」

ーごく普通の生き方の中にスピリチュアル、精神的な価値を日常の中で生かしていくということがテーマとなる度数です。

日々の中に大事なことを実践していく流れです。

穏やかな日となりましたね。日曜日でありますし、紅葉によるにぎやかな人出を感じる一日でした。

この新月は土星外惑星(トランスサタニアン)とアスペクトをとり、パワフルで超越された自己の安全性を保持し、支えてくれています。

あなたの希望、願望が未来の人生の物語をつくります

私たちは知らぬ間に社会の投影する欲望や性の役割、階級などに動かされています。

その役割や自分らしさと思っているものをより開かれた普遍的な世界と照らし合わせてみてください。

希望や願望はその普遍的、よりよい未来へと繋がるものが希望です。

この今の自分とは格段に違う世界のイメージだろうとそれが希望というものです。

愛されるため、好まれるための生き方、愛の息苦しさから自らを解放させていきましょう。

我慢して、手に入るものはどれだけのものなのでしょう。心身共にがちがちにあなたを縛るものを眺めてみてください。

これからの生活や人生に不要なものに加えてください。

必要なものはなんでしょうか?

パートナー、仕事、ライフワーク、チャリティ、家族の憩い、旅をしたい

コロナのある世界には難しいこともあるかもしれません。

しかし、夢を叶えている人もいます。今、苦しいからといって未来が苦しくまでしなくてもいいのですよ~。

あなたを解放し、自立し、自律した生き方に向かわせてくれること、もの。

果てしない永遠の存在である自分自身であることを感じさせてくれること、もの、人を大事にしましょう。

この時が永遠の祝福の時です

陰謀論やだまされるのではないかという恐れは、自分の中にその恐れや嘘があるからです。

できるだけその恐れ、嘘から離れましょう。

そして自分を無力と感じさせる存在からも離れましょう。

自分の力は人に見せつけるためにはありません。あなたが幸せでいるためにあなたが力を発揮しましょう。

自分の思い通りに行くからといって、幸せに近づいている訳ではありません。今ここが穏やかで永遠の静寂と共にあることにあればよいのですから。

あなたがなりたい人になる。生きたい人生を生きる。

ややこしい人間関係から距離をとり、穏やかな心の中の畔にたたずむ時。

大いなる自己が働き始めます。

全体との統合された自己を表現し、ここにあり、限りある命をもつ自己を超越すること。それがあなた自身です。

 

続きのようなブログー行為は動機を確信にしてくれます。

 

Follow me!

コメントを残す